二重あごのたるみには顔筋トレーニングを

二重あごのたるみには顔筋トレーニングを

顔のたるみには出来る場所によって名前があります。中でもフェイスラインのたるみは二重あごと呼ばれてます。これは若い人でも太っている人に多いのですが、痩せていても加齢が原因で二重あごになることがあります。とても老けた印象で、フェイスラインは若見えの重大な要素ですね。
原因はコラーゲンが変形することが大きいのですが、顔の筋肉のゆるみも大きな要因なのです。顔の表情筋は肌とくっ付いているから筋肉が緩むと肌も緩むと言うわけです。
フェイスラインのたるみには顔の筋肉を鍛えると効果があります。代表的な訓練方法として有名なのが「ま・い・う」という発音を、顔全体を使って目いっぱい発声する方法です。テレビでも紹介されていました。真面目に行うと頬のあたりの筋肉が痛くなってきます。それが効いている証拠です。
毎日続けなくては効果がありませんが、毎日やり続けて1か月くらいすると確実に効果が出てきます。これでマイナス5歳にはなれますね。