難関資格の税理士

明日はわが身の糖尿病

「うちの息子死ぬところよ」
久しぶりにあった知人から早々に言われた言葉に唖然としました。
仕事中に体調が悪くなり、病院へ運ばれあと一歩の所で何とか生還という状況で
とんでもない事態だったそうです。
糖尿の数値が通常の人の3倍になって心不全を起こしかかっていて
もう数時間遅ければ確実に亡くなっていたと医師に聞かされ
知人は「ああやっぱり糖尿病でそうなったか」と頷くしかなかったと。

 

というのも会う度にどんどん太り、100sは確実に超えていて
食べる量も尋常ではなく食べ放題に行くと、他の人の分も考えろと言う程
山盛りでペロリと食べ上げていたし、何よりも煙草を切らせない息子に
日頃からこれで大丈夫なのかと心配はしていたのです。
仕事と家庭のストレスで過食も煙草も止めれないと嘆く息子に
強く言えないと彼女は困っていました。

 

でもその結果心不全一歩手前で死にかかって、生還してももう普通の健常者ではなく
毎日インシュリンを打たないと生きてはいけなくなりました。

 

まだ30代の息子さんはこれから自分との闘いだと思うと
何となく酒も煙草もやらない私でも気をつけようと思います。
私の拙い説明よりも大阪市 糖尿病←コチラのサイトをご覧下さればわかりやすいと思います