難関資格の税理士

固定資産税法についてと税理士

まずはここ⇒大田区 税理士←このサイト。
税理士になるために、そして税理士になった後により活躍をするためにも、税理士の科目に関しては、しっかりと勉強をしておきたいところです。そしてその科目には消費税法や国税徴収法などがありますが、固定資産税法に関しても知っておくとよいでしょう。そこで、固定資産税法について少し説明したいと思います。
固定資産税というのは、税理士でなくとも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。多くの人の生活にかかわっているものなので、それだけ税理士となった後に必要となる知識なのです。また、他の科目に比べて勉強のしやすい科目であるともいえるでしょう。
固定資産税法の試験は、理論や計算問題が出題されることになります。ただし、複数問題が出るのではなく、大問として1問出題されることになるので、しっかりと勉強をしておきましょう。
固定資産税法について学んでおくことで、税理士としての知識をより深めてみてはいかがでしょうか。試験対策にももちろん必要なものです。